Return to site

ファスティングの10大効能!?

ファスティングの10大効能!
断食博士として有名な甲田光雄医師はファスティング「10の効能」をあげています。
❶ 体質を変える
❷ 快感をもたらす
❸ エネルギー利用法が変わる
❹ 宿便を排泄する
❺ 環境毒素を排泄する
❻ 「自己融解」を起こす
❼ 遺伝子を活性化する
❽ スタミナをつける
❾ 免疫力をあげる
❿ 活性酸素を減らす
(「奇跡が起こる半日断食」マキノ出版)
ただ食べないだけで本当なの??と思われるでしょうが、本当なんです。
まずは❶から順番に簡単に説明させて頂きます。
❶体質を変える   体の大掃除で自己治癒力を呼び覚ます
 ファスティングの最大の目的は食べ過ぎで溜まっている体内の余分なものを取り除くことです。
 脂肪や毒素として体中に蓄積している体毒を取り除くことができるのです。いわば、体の大掃除で      す。体にこびりついた汚れを綺麗にすると生命力は元気に復活してきます。例えるとクリーンアップしたエンジンが快調にまわるような感じです。
 ファスティングは人間が本来持つ能力を最大限に引き出すのです。
なのにもかかわらず、現代の飽食の時代は・・・・体全体が体全体が甘え切った状態で、体中に汚れがたまっている状態です。
 断食は内臓を休ませることにもなるので、目覚ましい回復力をもたらします。肝臓は毒素を分解し、腎臓は毒素をろ過します。三食を食べていると、消化器といわれる臓器はずっと働き続けます。食べたもののうち、消化、吸収、代謝しきれないものが過剰な毒素となり、次から次へと送られてくる体毒を肝臓は分解しきれず、腎臓のろ過フィルターが目詰まりをおこす・・・・。
断食で入る食物をストップさせると、肝臓も分解が進み、腎臓の目詰まりも自然に浄化されていきます。
 また断食で食を断つと飢餓ストレスへの反発力がおきます。
甘え切った体にとって非常事態なので、体中の器官、組織、細胞が目を覚ますのです。飢餓ストレスの反発力が体の仕組みを大きく変動させ、色々な良いことがおきてくるんです。人間は本来動物ですから、動物がもっている自然治癒力が高まるんでしょうね。
長くなってしまいましたので、次回は ❷快感をもたらす について説明させて頂きます。
ご一読有難うございました。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly