雪まつりですね!
こんばんは。
雪まつり開催期間なので道も混むし、観光客も多いし・・といわれる方多いですね。
この時期は人ごみのなかに入ってしまうことがあるからか、風邪やインフルエンザが流行るので、是非うがい・手洗いを忘れずにしてください。
毎日寒いですが、もう立春も過ぎたので暦上は春なんですが・・・まだまだ寒さが身に沁みます。
暖かい春が来るのを楽しみにして毎日過ごしましょう。
 今日はファスティングの効果の❼遺伝子を活性化することについて書きます。
サーチュイン遺伝子ってご存知ですか?別名長寿遺伝子と呼ばれていますが。
TVでも紹介されているのでご存知の方も多いかと思います。
飢餓状態(カロリー制限)になるとサーチュイン遺伝子のスイッチがONになるんです。
すなわち断食は遺伝子を活性化させ、老化を予防するのです。その典型がサーチュイン遺伝子ですが、それ以外の遺伝子も活性化します。
人間に限らず、動物は、危機的状況になると(飢餓状態)生命の危機を回避しようとそれまでOFFになっていた遺伝子がONになる可能性があります。
だから断食をすると体質が変わったり、難病の人が・・・というのは遺伝子治療同じようなことが行われているのではないかと私は思うのです。
次回はファスティングをするとスタミナがつく  について書きたいと思います。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly