Return to site

脳が使うエネルギーは糖だけ??

エネルギー利用法が変わる?!
断食で頭が冴える?
❸エネルギーの利用法がかわる。
一日三食をきちんと食べている方に朝食抜きを勧めると、朝ごはんを食べないと頭が働かないとか頭がボーっとするから無理と言われます。
普通に食事をしている人は脳がブドウ糖だけをエネルギーにしているからです。
ところが食事を抜くと・・・・脳が消費するエネルギーはブドウ糖から違うエネルギーにシフトします。断食中の脳のエネルギーはブドウ糖だけでなく、「ケトン体」等に変わります。
断食中の脳の栄養源の50%はケトン体です。このケトン体は脂肪が分解してできるものです。
ということは脳は体内に蓄えた脂肪を分解して、エネルギー源として使うようになるのです。
ですから痩せるのですが、それに加えもっと良いことは脳がα波と快感ホルモンを出します。
つまりファスティングは心身を平穏に保ち、至福感をもたらすのです。
ファスティング中は脳だけでなく体も脂肪をケトン体に換えてエネルギー源にします。体質が変わり体内のエネルギーの利用方法が変わり、体脂肪が減っていきます。 半日断食をするだけでも体脂肪は減っていきます。
とても効率的なダイエットですよね(^_-)-☆
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly